イメージ画像

調剤薬局への転職―今がチャンス!

薬剤師のみなさん、みなさんは現在の職場に満足していますか?必ずしも満足している人ばかりとは言えないのが実情でしょう。

実際のところ調剤薬局で薬剤師としての新たな一歩をと考えている人もいるのでは?とはいえ、勤務時間や日数、休日など希望の条件と合致する薬局を見つけられないとか、これは!という求人に出会っても、採用倍率が高くなってしまった今となっては内定をもらうのに一苦労というケースが、とても増えているようです。

ただ、世の中の一般的な人の就職率や転職率とは比較にならないほど需要のある仕事には間違いないといえますが…。そうは言っても、これまで薬剤師という職業は書類を送ればすぐに採用されるような状態だったのに、最近は買い手市場にシフトしてきているようです。いったいその原因は何なのでしょうか。

それは、特に大都市圏で薬剤師免許を持っている人が余り気味になっているためといわれています。年間1万人を超える規模で薬剤師が輩出されるのに、就職先となる調剤薬局の数は飽和状態に近いため薬局側が薬剤師を選べる状況にあるのです。

現在は特に調剤薬局勤務の薬剤師の人気が高止まりの傾向にあるため、調剤薬局への就職や転職が困難な状況のようです。ドラッグストアと比較しても店舗があちこちに作られるわけではないので、腰を据えて働くことのできるうえ安定しているという理由から多くの薬剤師が仕事を求めているようです。

そうなると当然、薬局から出ている求人の数以上に応募者が集まり、狭き門になるのは誰が考えてもわかる結果といえますね。調剤薬局の薬剤師募集では薬剤師免許を持っていることは当然で、さらに身だしなみを含めた自己衛生管理がとても大切です。

医療機関の一部だと考えれば、髪や爪の衛生状態が行き届いているかは当然チェックされると考えるべきでしょう。過度な化粧やネイルアートなどはとんでもないことです。

「調剤してもらった処方薬に異物が混ざっていたらどうしよう?」という患者さんの気持ちになって、万が一にもそのような事態を起こさないよう衛生管理には常に細心の注意を払う必要があります。

社会人として当然ともいえる条件ですが、それを満たしていれば全国的にはまだまだ調剤薬局の薬剤師として転職するチャンスは多いといえます。都市部では難しい調剤薬局への転職ですが、地方ではかなりの人材不足傾向が強いため、ネット上の求人サイトやハローワーク、あるいは求人誌で、数多くの調剤薬局で募集が見られます。

しかし今後も今のような数で薬剤師免許取得者が推移し続ければ、人手が余る状態になり薬剤師といえども就職難になる時代が来るかもしれません。特に調剤薬局勤務を希望している薬剤師には冬の時代が目の前に迫っていると考えた方がよさそうです。

ですから、薬剤師として希望の職場でずっと働き続けたいと考えている人には、今が最大のチャンス。中でも調剤薬局で働きたい人には今こそが転職の時期といえます。いろいろな調査による統計からも、薬剤師という仕事に従事することが将来は難しくなっていくだろうと推測されているほどです。

このような背景をもとに転職業界ではキャリアコンサルタントが大いに活躍するようになってきました。特筆すべきは、コンサルタントのこれまでの人脈を活用して非公開で求人を出す調剤薬局もあるなど、その情報量や求人の質にびっくりする求職者もたくさんいるようです。薬剤師という職業が売り手市場の今、自分が希望する求人探しをしませんか?

このページの先頭へ