イメージ画像

ドラッグストアに転職するメリットって何?

都市部での薬科大や大学の薬学部の増加により、薬剤師免許を持った人が増え続けているため薬剤師として働く事がだんだん難しくなりつつあるようです。大都市圏では特に、病院や調剤薬局の求人数が少なく薬剤師として勤務するのが難しいと感じている人が多いといえます。

そうなると、病院や調剤薬局勤務を断念した人の職場として注目されてくるのがドラッグストア。現在、全国には15,000店舗のドラッグストアがあるとのことです。都道府県による偏りは当然あるでしょうが、平均すると都道府県それぞれに300店舗以上あることになり、これ以降もドラッグストアはどんどん増える傾向にあるようです。

ご存知でしょうがドラッグストア各店舗には薬剤師が必要です。年中無休で土日や深夜に関係なく営業しているドラッグストアでは、薬剤師の数を確保しておくのは重要なことです。ハローワークやネットで求人を見ても、ドラッグストアの求人数は病院や調剤薬局の比ではありません。

ところが、病院や調剤薬局に比べどちらかと言えばドラッグストアは敬遠される職場のひとつのようです。高い人気を誇る調剤薬局との比較では、長年の勤務や実績に関わらず役職に就けないことで大幅な収入アップにつながらないことがあります。

それゆえドラッグストアで勤務している薬剤師の中からも「調剤薬局に転職したい」という声を聞くことがあるのです。

しかしその一方で、ドラッグストアならではのメリットもあることを感じている人もいます。その中でも多いのは「将来、独立開業するための接客業としての要素が身に付き、場合によっては事務も行う機会があるため経営の在り方にも考えが及ぶようになった」というものです。

調剤薬局や病院では考える機会がないようなことでもドラッグストアでは違うということですね。 また、黙々と調剤するのと違い、他人とコミュニケーションを取りながら働けることが楽しいと感じる人も少なからずいるようです。

また、薬品の調剤だけでなくレジ打ちや品出しなど単純作業もしながら薬剤師の仕事をする方が自分には合っていると思っている人もいます。どちらにしても、今、薬剤師が一番必要とされているのはドラッグストアといっても過言ではないようです。

将来独立開業をしたいと思ったり、仕事の中で人とコミュニケーションをとるのが好きと思っている人には思いのほか適している職場かもしれませんね。転職サイト等でも調剤薬局や病院より圧倒的に求人数が多いので、「向いているかも」と思う人は訪ねてみることをおすすめします。

このページの先頭へ