イメージ画像

治験コーディネーターに転職して、キャリアアップを図ろう!

治験コーディネーターという仕事は、実際に治験を行う医療機関の立場に立って医師や看護師といったスタッフへ伝達事項を報告し、被験者に対して治験内容や投薬などを説明するとともにスケジュールを調整したりするなどの治験業務のサポートを行います。

実際に勤務しているのは、医療機関の代理として治験業務の一部を引き受けているSMO(治験施設支援機関)になります。

日本は医薬品に対する規制の厳しいことで世界的に知られており、製薬会社が新薬を作っても承認前に病院で臨床試験を行う必要があるのです。この際治験コーディネーターが製薬会社と病院の間に立ってその仲立ちをすることになります。

例えば調剤薬局などから治験コーディネーターに転職した場合、平均的な年収は300万円前後とされています。しかしその後、経験を積むことで信用や実績が認められ、役職がつくことによって年収1,000万円を超えるケースも多いといわれます。

ただ、ごく一般的な治験コーディネーターの場合平均的な年収は400万円前後で、仕事を始めてしばらくは薬剤師とあまり変わらないとはいえ、実力によっては大きな収入を得る機会のある業界といえるのではないでしょうか。

あなたが薬剤師で、薬局もしくはドラッグストアで働いていたとします。それで、治験コーディネーターへの転職を考えたとき、一番必要とされるのはどのような能力でしょうか?なんといっても治験コーディネーターに求められるのは優れたコミュニケーション能力です。

薬品についてアドバイスするということでけでなく、被験者と医師・看護師との仲介役としてコミュニケーション能力を駆使して治験がスムーズに行われるよう取り計らう仕事がほとんどです。なかでも被験者に対する治験の説明を行い参加の同意を得る(インフォームドコンセント)のが最重要業務といえます。

新薬の開発という社会的にも有意義な仕事に関わる治験コーディネーターですから、当然この上ない達成感を感じることも多いと思います。医療用の新薬開発だけでなく、最近コマーシャルなどでよく耳にする「特定保健用食品」にも治験が必要なことからみても、治験コーディネーターの活躍の場がいかに幅広いかおわかりになるでしょう。

さらに治験コーディネーターとしての仕事だけでなく、スキルアップの為の機会が企業側からもたらされるので、自分のスキルアップやキャリアアップにもつながる仕事ともいえます。

例を挙げると、新薬の開発に携わっていた治験コーディネーターとしての経験によって、大手製薬会社の新薬の開発担当としてヘッドハンティングされたケースもあるほどです。

もちろん治験コーディネーターとして病気の人の役に立つ新薬の開発に取り組むも良し、将来の転職に備えてキャリアアップを図るためと考えるのも良し。被験者や医師・スタッフとの交渉など、コミュニケーション能力を最大限発揮しなければならない大変な仕事ではありますが、だからこそとてもやり甲斐のある仕事なのではないでしょうか。

このページの先頭へ